SURVICE

MIYAZAKI GREEN PAPAYAの生産」

最初に注目した作物は 青パパイア です。

この作物は南アメリカ原産の温暖な気候で育つ作物。

すくすくと成長し、ワンシーズンで

高さ数メートルほどにもなります。​

この青パパイアが並んだ景色は圧巻です。

この青パパイアは2020年上半期における注目スーパーフードで

第一位を獲得したほど注目されている作物。

沖縄では、家庭の庭に生えていたりするみたいです。

それだけポピュラーな作物。

また東南アジアなどでもよく食べられています。

​通称「酵素の王様」「メディカルフルーツ 」と呼ばれています。

人間が生きていくのに必要な栄養素のほとんどを

含んでいるのがこの青パパイアです。

一つの作物で炭水化物・タンパク質・脂質の分解酵素を

含むのは非常に稀な作物と言われています。

​果実だけじゃなく、皮や葉にも身体を健康に保つのに

必要な成分が含まれています。

皮は剥きやすく、味わいは淡白なので色々な料理に活用できます。

生でサラダにしたり、炒め物にしたり、焼いたり、煮込んだり、

漬けてみたり、スムージーにしたりと使い道は多岐に渡ります。

​お好みの姿を探してみてくださいね。

青パパイアの販売や卸なども行っています。

日本のひなた 宮崎県。

平均気温、日照時間、快晴日数が国内でも上位であり、

温暖な気候に恵まれた地です。

きゅうりの出荷量が全国トップであったり、

金柑や日向夏などの宮崎ならではの果物も多く存在します。

この土地で、MIYAZAKI GREEN PAPAYA STORY​は始まりました。

30cmくらいの小さな苗。

​鮮やかな緑の葉を付けた元気そうな苗です。

この小さな苗がすくすくと成長し、

あっという間に私の背丈よりも大きく育っていきます。

​青パパイアの特徴を活かして、

栽培期間中無農薬での栽培を行います。

ひとつずつ人の手で丁寧に植えていきます。

土・自然と触れ合う時間も大事にしながら。

改めて、作物は人の手が作り出しているんだということを実感します。​

生産者に感謝を感じる瞬間です。

すくすくと成長し、気付いたらもうすぐ夏本番。

背丈も数ヶ月で1.5mほどまで成長しました。

花も咲いてきました。ほんのりといい香りがします。

果実も着々と大きくなってます。あと少しでお届けしますね。

MIYAZAKI GREEN PAPAYA の面白さ」

青パパイアの特徴はなんといっても 酵素

フルーツとして食べられる完熟パパイアの約10

タンパク質分解酵素を含むパイナップルの約6倍も​。

また、酵素に限らず非常に多くの栄養成分を含みます。人間が生きていく上で必要な栄養素の大部分を占めているのだとか。

​各種ビタミン、食物繊維やポリフェノールなどとても豊富。

ポリフェノールはなんと赤ワインの約7.5倍。

まだまだ魅力的な成分がたっぷり。

青パパイアは豊富な酵素を含むことから、

栽培期間中は農薬を使用せずに栽培が可能です。

自然にも優しい作物なんです。

そして、青パパイアは果実以外にも豊富な栄養素がたくさん。

葉っぱや皮や種などにも魅力が詰まっています。

世界中で注目されている作物で、

発表論文や文献はなんと10,000件以上!

​勿論、その特徴を活かした加工品の開発も行っています。